×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

化粧品の選び方

スポンサード リンク

化粧品の選び方

コスメや化粧品を自分に合ったものを選ぶことは、女性にとって難しいものです。

色や質感だけでなく、肌に合う化粧品を探さなければなりません。

人によっては、手近な化粧品を、テレビのCMや雑誌広告に勧められるまま選択してしまいがちでしょう。

化粧品を渡り歩くコスメ難民にならないように、化粧品は決して安い買い物ではありませんので、心がけましょう。

新しいものに挑戦することは悪いことではありませんが、無節操に選んでいくのではなく、自分なりの物の見方を確立することが大事です。

まずは自分の肌の状態を知ることからやってみましょう。さらにコスメについての知識を得るためにも、情報収集が大切です。

化粧品店のコスメアドバイザーから話を聞いたり、口コミ情報などをチェックしましょう。

コスメの上手な友人に相談したり、できることは積極的に取り組んでください。

ある程度の知識の下地ができたら、気になる化粧品の試供品を使ってみてください。

どんなにコスメの情報収集をしても、自分の肌につけた感触を確認してみなければ、結局は答えは出ません。

いろいろな化粧品があるので、しっくりくるもの、肌に浸透するもの、数日使うとコンディションが悪くなるものなどがあるでしょう。

化粧品の試供品が手に入らない場合は、トライアルセットを注文するという方法もあります。

何度かコスメセットを試しているうちに、良い化粧品と思えるものを見いだせるようになるでしょう。

クレンジングのコスメ化粧品

スポンサード リンク

皮脂汚れを落とし肌を保湿するスキンケア用品や、肌に色をつけ化粧を施すメイクアップ用品など様々な種類があるコスメとは、化粧品関係全般の略称だそうです。

コスメの根本は、化粧品というとメイク用品を連想する人が多いようですが、自前のお肌の手入れにあたります。

コスメの基本は、クレンジングとウォッシングだといいます。

その日の汚れはその日のうちに落とすことが、上手な化粧品使いの基盤です。

お肌は28日周期でターンオーバーし、古い皮膚が新しい皮膚に交代します。そうはいっても、肌に汚れがそのままになっていた場合には、化粧品の浸透も思うようにはいかなくなります。

肌は固く再生力も弱くなりがちだからです。コスメや化粧品使いの最初のステップは、皮脂汚れを適度に落とし、その日のメイクをしっかり落とすことです。

ただし、肌の潤いが残るようなクレンジングをしながら、皮脂は根こそぎ落とせばいいものではありませんので、肌を傷まないよう配慮しつつ行いましょう。

コスメや化粧品の良さは、それができて初めて引き出せるのではないでしょうか。

オイルタイプのクレンジングは、メイクをしっかり落としてくれます。

けれどオイルは肌に必要な水気を取り除いてしまう場合もあり、保湿力が強いのはミルクタイプだといえます。

自分の肌質などをきちんと見極めたうえで、相性のいい商品を使用しましょう。

ファンデーションコスメの化粧品選び

化粧品にはいくつか種類があり、その中にファンデーションがあります。

顔全体に均等に塗り、肌の色を均等に整えるもので、昔はおしろいを使っていました。

気になる毛穴やあざを隠すことができたり、しみやしわを見えないようにするために使われるコスメ化粧品です。

コスメ選びでは、ファンデーションの色選びに時間がかかります。

肌の色と差があり過ぎるファンデーションを選んでしまって、首の色との差に違和感を感じてしまうこともあります。

ファンデーションのミスマッチは、比較的多い化粧品選びの失敗といえます。

色白の人が日本では喜ばれる傾向があるので、つい明るい色の化粧品を購入してしまうのでしょうか。

化粧品をどのように選べば良いのか分からない時は、一段階だけ暗い色のファンデーションを選択するようにしましょう。

暗めの色を選ぶには少し抵抗がありますが、健康的な肌であれば透明感のある美しい肌に見えるそうです。

化粧品を使用してから時間が経つと、ファンデーションのオイルと皮脂が混ざってきて、顔の明るさが無くなり暗い感じになるそうです。

太陽の光と室内の照明では、肌の色が異なって見える場合があります。

化粧品にはサンプルがあるので、ファンデーションを購入する前に必ず試用してみることをおすすめします。

サンプルの色の変化を確認してから、自分の肌に合う化粧品を購入しましょう。