×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

目尻のしわのケアと予防と改善法

スポンサード リンク
スポンサード リンク

目尻のしわ原因

顔の小じわが気になるという方の多くは、目尻にできているしわを気にしているようです。

目尻はしわができると、第一印象がぐっと老けて見えてしまいます。

目尻にしわが目立つようになるには、どういった段階が踏まれて何が理由なのか分析すると、しわ予防に役に立ちます。

目尻にしわができるのは、年を重ねたためや、肌の乾燥のためになるようです。

皮膚は水分を蓄えておく力が失われると乾燥し、しわやしみができやすくなります。

肌のもちもち感に関わっていたコラーゲンやエラスチンが加齢で減っていくこともしわ増加の一因です。

肌のターンオーバーは28日サイクルで、その周期で新しい細胞が生まれ、古い細胞が剥がれていきます。

新品の皮膚は基底層という深い部分で作られており、約2週間で皮膚の表面にまで移動していきます。

最終的に角質層となった皮膚は、外からの衝撃などから体を守るために2週間役立ちます。

30歳から70歳の間に肌のターンオーバーの能力は半分まで衰えてしまうそうです。

ターンオーバーが鈍くなると古い角質層が蓄積されていき、固くぶ厚くなります。

目尻にしわができるのは、古くなったままの皮膚から肌本来のハリや潤いがなくなり、乾きやすくたるみやすくなるためにできます。

肌の弾力を司るエラスチンが減少することも目尻のしわの一因です。

表皮と真皮の間を埋めるものがなくなるため、保水力や弾力性が失われます。

目尻のしわ対策には、どのような理由でしわができるかをきちんと把握する必要があります。

目尻のしわのケアと予防

筋肉を動かすことがおおく、しわになりやすい目尻ですが、普段のスキンケアで心がける点は何でしょう。

顔の中でも特に目は繊細な部位で、保湿が足りなくなったり乾燥することが起きやすい場所です。

目のまわりの筋肉は、表情の変化に伴ってよく動きます。

そのため、俗にカラスの足跡といわれるしわやちりめんじわがついたまま消えなくなるのです。

目尻に刻まれたしわをわかりにくくするには、化粧水や乳液で念入りにスキンケアを行い、乾燥を予防して肌をふっくらさせることです。

目尻の保湿にはシワ取りクリームもいいですが、化粧水や保湿ジェルなども役立ちます。

血流を良くして肌のターンオーバーを活発にするためマッサージもいいでしょう。

目のまわりを優しくマッサージすることで代謝が高まり、肌のターンオーバーを促進しみずみずしさを維持することも期待できます。

ただし、目の周囲の皮膚は薄く弱いため、強くこすらないようにそっと化粧品をつけるようにしてください。

紫外線の対策は、重要なエイジングケアの1つです。

紫外線は肌の乾燥を促進し、老化を促進しますのでこれを何とかして防がなければなりません。

サンオイルや紫外線防止グッズを活用してください。

アイシャドウ、アイライン、アイラッシュ等のメイクをしっかり落とす事は目尻のしわケアの基本です。

皮膚にダメージが少ない目元専用メイクで、肌に負担がかからないように優しくメイクを落としてください。

ダブル洗顔で汚れをしっかり洗い流し、汚れ残りによる肌トラブルを回避することも大事です。

目尻のしわ改善

笑顔を浮かべた時にできる目尻のしわは、柔和な印象を人に与える一方、年を取って見えることもあります。

しわが深く刻まれて笑っていない時でもしわがある方もおり、これはヒアルロン酸注射で改善が可能です。

目尻のしわには、笑顔になった時にめじりからこめかみにできるしわや、放射線状に細かくできるしわなどが存在します。

ボトックス注射によって、これら目尻のしわの改善が期待できます。

臓器や眼球なと、体内でも重要な部位の水分をキープするヒアルロン酸は真皮層などに存在して保水力を与え、乾燥から体の各部位を守ります。

ヒアルロン酸は、粒子の大きさの異なるものが存在しているのが特徴です。

分子量の小さいものは目尻などの小じわに使われ、分子量の大きいものは深いしわに使います。

ヒアルロン酸のアレルギー発生率は大変少なく、皮内テストをする必要がない程度のものなので安心です。

注入にかかる時間も短く、1日でカウンセリングから美容手術までを済ませることができます。

ボトックスはしわ治療に用いられる注射用の薬で、ボツリヌス菌から製造する体への害がほとんどない薬品として知られています。

しわの原因となっている筋肉に対してボトックス注射をの効果を及ぼすことにより、筋肉を固定して細かなしわを消すという美容治療なのです。

目尻のしわ改善にはいくつか方法があるので、しっかり情報収集して自分の肌に合った方法を選択するようにしましょう。

スポンサード リンク