×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フェイスリフトの手術法とドクター選び

フェイスリフトの手術について

スポンサード リンク

最近人気の美容施術に、フェイスリフトをするというものがあります。

フェイスリフトとは肌を持ち上げてたるみやしわをなくすという技法で、優れたアンチエイジングとして利用者も多いようです。

かつては、フェイスリフトは芸能人や役者など特別な人のしていることと見なされていました。

ですが、この頃はフェイスリフトによるアンチエイジングを望む方も増加し、一般の方でも自分に合うスタイルでのフェイスリフトの施術を受けています。

レーザーを用いてしみやそばかすを除去する手術や、肌を引き締めて小ジワなどを目立たなくする手術もできるようになり、光による肌の老化作用も防ぎやすくなっています。

極細の注射針でコラーゲンやヒアルロン酸を皮下に注射したり、ボトックス注射で筋肉に働きかけるしわ取りもあります。

プチ整形という言葉も流行し、ちょっと念入りなスキンケア感覚でシミ取り、しわ取りの美容整形をする人も多いようです。

とはいえ、アンチエイジングを目指すなら、部分的なシミやシワの軽減だけでなく、肌全体のたるみも解消したいものです。

人によっては目覚ましいアンチエイジング効果があるものがフェイスリフトで、顔全体を持ち上げると見た目の雰囲気が全く変わります。

フェイスリフトを施すことによって、しわが目立つようになったたるんだ首や口元のたるみが一気に引き締め可能です。

フェイスリフトによってたるみやしわが目立たなくなり、スッキリした顔立ちになります。

自分自身のニーズに合うフェイスリフト手術を受けて、肌の若々しさを取り戻しましょう。

フェイスリフトの手術法

効果的なフェイスリフト手術では、こめかみや耳のまわりなど目立たない部分にメスを入れ、皮膚を引き上げることでたるみや顔全体の垂れ下がりを取り除くという方法を取ります。

垂れ下がっている不要な皮膚を一気に取り去り、顕著なフェイスリフト効果が期待できる優れた方法です。

個人差やクリニックによって所要時間は変わりますが、大体2時間か3時間程度です。

入院不要なので、時間的な制約がある人でも安心です。

手術中は麻酔を用いるので痛みはごくわずかですし、濡らさない限りはシャワーOKな点も利点です。

お風呂に入ったり一部化粧をしたりということは、フェイスリスト手術の翌日から大丈夫です。

抜糸まで約一週間かかりますが、抜糸後はメイクも前のようにできますし、ほぼ元通りです。

また、施術後2日間はフェイスバンドで皮膚を安定させます。

人によってはフェイスリスト手術で顔が一時的に腫れることがありますが、1週間程度で収まる方が大半です。

メリットが多く人気のフェイスリフト手術ですが、リスクも存在するようです。

ごくわずかな発生率ですが、皮膚の壊死や麻痺、手術痕が意外と目立つようになるなどのトラブルが起きる場合があります。

手術後のリスクを避ける為には、フェイスリフトをするときに信頼できるお医者さんを選ぶ事が大切です。

カウンセリングで信頼できる医師に話を聞き、どのようなフェイスリスト手術を受けるかよく聞いてください。

満足できるフェイスリスト手術を受けるためには、この人ならと思える人に施術をしてもらうことが大事です。

フェイスリフトのドクター選び

スポンサード リンク

どのようなことに気をつけて、フェイスリフトの信頼性が高い医師を探せばいいでしょう。

確実を期すためには、多くのフェイスリフト手術をこなしている医師にしましょう。

場数を踏んだ人ほど腕前は保証されています。

例えば、フェイスリフトを扱う学会に積極的に参加していたり、発表をしているという方なら万全です。

フェイスリフトを受ける際、実際に施術をする人のカウンセリングを受けることも大事です。

気後れする必要はありませんので、カウンセリングでは気がかりなことは1つ残らず質問してください。

カウンセリングで聞いた内容がピンとこなかったり、思っていたものといまいち違うなら、他の医師を捜すか、カウンセリングを受け直すなどをしてください。

ドクターショッピングという、次々と医者を変えながら何度もカウンセリングを受けるという行為を指す言葉も定着しつつあります。

フェイスリフトによってどんな状態になりたいか、相互理解を得た上でこの人ならと思える相手でなければ、手術はしなくてもいいのです。

フェイスリフトは自分のために行う手術であり、その後の自分自身に大きな影響を及ぼすものでもあります。

アンチエイジングに成功するか、失敗してフェイスリフトをしなければよかったと思うかは、自分次第ともいえます。

カウンセリングで納得できてから、フェイスリフトの施術を受けましょう。

フェイスリフトをしたことが自分の将来にプラスになるよう、いい手術を受けてください。