×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

化粧落としの洗顔料の選び方と洗顔方法

化粧落としのクレンジング

スポンサード リンク

化粧を落とす時、洗顔だけでは落としにくい化粧や皮脂の汚れがあります。

クレンジングオイルで綺麗に洗う必要があるでしょう。化粧落としは洗顔だけで十分だと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、お肌のためには良くありません。

表面的には化粧を落としたつもりでいても、実際は顔にべったりと残ったままという可能性もありえます。

残ったまま放っておいて、気にもせずに眠ってしまうと、ファンデーションやマスカラが毛穴から徐々に浸透してしまいます。

化粧のこりは、しみや肌のザラつきの原因となってしまうことも考えられます。

クレンジングオイルを使わずに化粧落としをしていたという方は、この機会に一度試してみてもいいのではないでしょうか。

スキンケアでの化粧落としは、あまりクローズアップされることがないようです。

クレンジング剤は、どの商品を扱うかによって使用方法が違います。

よくあるクレンジングオイルは、濡れていない清潔な手にクレンジング剤を出し、顔全体につけて化粧落としをしてから顔を洗うものです。

水気が混じると化粧落としがされにくくなるものが多いのですが、ものによっては水で溶かすこと前提の商品も存在します。

化粧落としのときに、洗い流すタイプだけではなく、拭き取り専用のクレンジングオイルもあります。

クレンジング選びには、使い方の確認も大事です。洗顔で隅々まで化粧落としができるクレンジング剤を使いましょう。

化粧落としの洗顔料の選び方について

化粧落としに欠かせないにが洗顔料です。

お値段や香りだけではなく、配合成分にも目を向けて選ぶようにしたいものです。

石油成分を使った界面活性剤や、防腐剤パラペンをふんだんに使っている洗顔料も少なくありませんので、成分表示の欄は入念にチェックしてください。

肌質が合わない洗顔料を長く使っていると、肌トラブルを引き起こしてしまうこともあります。

ナチュラル成分を基本に製造された洗顔料は低刺激なので、敏感肌の方はこちらの方がいいこともあるようです。

石油系の界面活性剤を含まない天然成分の洗顔料では洗浄力が弱く、どうしても洗い残しが出てしまうのではないかと思う方も少なくないようです。

肌にダメージが少ないことだけが天然成分のメリットとはいえません。

石油系成分が含まれていなくてもメイク落としや皮脂汚れをおこすパワーはありますので、洗顔料として申し分なく使えます。

肌が乾燥しがちという方は、粉状の水に溶いて泡立てる洗顔料を使用してみてはどうでょう。

粉状石鹸は固形石鹸よりも潤いのある洗い上がりで、肌がつっぱる感じを軽減してくれるといいます。

肌のお手入れにも効果的な、化粧落とし以上の効果が期待できる商品です。

ただし、脂性肌や混合肌の方は、粉状せっけんよりは固形せっけんのさっぱりとした洗い上がりの感触がいいかもしれません。

固形石鹸であるにもかかわらず、洗い上がりの肌が不自然にしっとりしているという場合は、石油系合成界面活性剤が多い可能性があります。

自分の肌にあった化粧落としのための洗顔料をしっかりと選ぶようにしましょう。

化粧落としの洗顔方法

スポンサード リンク

正しい方法で化粧落としをすることは、肌質に合ったクレンジング剤や洗顔料を使うことに匹敵するほど重要です。

化粧落としの洗顔方法の基本は、洗顔料をしっかりと泡立てることです。

泡立ちを良くすることで化粧落としの時の汚れの吸着率もグンと上がります。

洗顔専用の泡立てネットや専用スポンジを使うと、上手に泡立てることができます。

専用の泡立てネットを利用することで、手で泡立てた時よりも決め細やかな泡が出来ます。また、少ない量の洗顔料で大きな泡が作れるので、コストパフォーマンス的にも優れています。

泡立てネットには色々な形式のものがありますが、パラシュート型のものはジェルタイプでも固形タイプでも使いやすく、大きな泡が作れます。

手を洗ってから洗顔をすることが化粧落としのコツです。

皮脂汚れの少ない清潔な手で泡立てることで、洗顔料からきれいな泡が作り出せます。

十分な泡ができあがったら、まずはTゾーンから順番に泡を乗せていき、顔全体に広げましょう。

面積の大きいほっぺたから泡をつける方もいますが、頬は皮脂分泌が少ないのでその必要はありません。

頬はそれほど皮脂汚れがこびりついてはいませんので、洗浄力がそこそこある新しい泡をつけてしまっては肌がカサつく原因になってしまいます。

掌と顔の間には常に泡があるように、泡を肌の上で転がすようこすらずに化粧落としをしましょう。

化粧をしていない状態の肌でもみずみずしくキレイに見えるよう、自分に合う洗顔量で正しい化粧落としをしましょう。